RPA IT導入支援サポート

働き方改革・業務効率化・人材不足解消をRPAが解決します。

RPAとは?

昨今よく聞く中小企業のIT導入かについて 、「RPA」というキーワードがあります。これは、働き方改革や人手不足を解決する手段として、自社の業務をIT化・自動化することにより、自社業務を効率化させたいと考える企業が導入しているものです。RPAを有効活用し、定型業務を人からロボットに置き換えることで、オフィス業務の効率化が図れます。RPAの導入は、業務効率化によるコスト削減だけでなく、業務プロセスの可視化にも繋がるため内部統制の観点からも有用なソリューションです。※RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称です。

RPAツール「Winactor」で
業務効率化を

RPAはルールに基づいた定型的な反復練習が得意なソフトウェアロボットです。作業はRPAに任せ、人間は判断が必要な仕事や、創造的な仕事に集中することが可能です。

RPAに適した業務例
・ファイルやシステムへの大量転記・登録
・Webサイトからのリサーチ
・金額などの数値整合性チェック
・出退勤管理 などなど

しかし、RPAの導入はいきなりできるものでありません。RPA化可能な範囲と、人が担当する業務の切り分けや、導入後の運用体制など、事前の準備が導入の成功を左右します。hands to handsは、お客様の業務フロー見直しからユーザー教育・運用・保守までをサポートいたします。

 

5bcb69fcc8b831b53354c4100ad966fe-1

プロセス.1 準備

現状の業務内容を分析し、RPA化に適した・適さない業務に整理し、RPA化の可能範囲を検討後、導入に向けてのプランを提案いたします。

プロセス.2 開発サポート

RPAエンジニアが運用体制を検討し、現場担当者と相談を重ねつつ運用・設計・開発をサポートいたします。

プロセス.3 運用サポート

導入後の保守、社内他部署への導入範囲拡大、社内スタッフへの研修などニーズに応じた対応をいたします。

国内No,1シェア RPAソリューション「WinActor」

「WinActor」はNTTアドバンステクノロジ株式会社が開発し、NTTデータが販売元として提供している純国産RPAソリューションです。Excel、ブラウザ、個別の業務システムなど、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして記録し、人がPC上で行う様々な操作を「ソフトウェアロボット」として再現することで業務効率化を実現します。
純国産のため、完全日本語化対応マニュアルサポートが用意されており、現在日本国内で約3,000社を突破し、国内No,1のシェアを占めています。
※「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。

<導入スケジュールの一例>

RPAWebセミナーを随時開催中!個別Web説明会も承ります。
メールにてお問い合わせ下さい。

株式会社hands to hands

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-7-20 ニューミソノビル3F
TEL:052-211-7755
FAX:052-211-7756
info@rpa-design.biz